味わい深い作品30点 学生作のテンペラ画展示 跡見学園女子大

秩父署で、外国人研修・技能実習制度で来日している外国人に対する集合研修が行われた。  研修を受けたのは、国際交流事業協同組合(本部・神川町、須賀則明理事長)が受け入れているベトナム人十八人と中国人二人の計二十人。  講師は福本一郎警備課長、同課の金子安弘巡査部長、交通課の福島せつ子巡査長の三人。  最初に交通ルール、道路標識の意味、自転車の正しい乗り方などを学んだ。次いで、外出する時は外国人登録証を持参するなど、生活する上で気をつけることなどについて説明を受けた。  研修を受けたベトナム人男性のグエン・バオ・ファンさん(26)は「先に交通ルールを教えてもらい良かった。日本の警察は優しく、楽しく学ぶことができた」と話していた。  研修生は、一カ月の研修を経て、各受け入れ企業で研修することになっている。
2007/07/02 00:00  【埼玉新聞】
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中